抑毛剤

抑毛剤の使い方

抑毛剤の使い方は至ってシンプルです。ムダ毛が気になる部分に適量を塗るだけ浸透して馴染んだら服を着て普段の生活に戻れます。

ただ、抑毛剤を販売しているメーカーの方から聞いたのですが効果を早くする、高めるためにはちょっとしたコツを実践すると良いそうです。

ムダ毛処理後に抑毛剤を使う

抑毛剤を使うのに適したタイミングというのはムダ毛が気になる部分を処理してから塗った方が良いそうです。

例えば脚のすね毛が気になっていたとしましょう。
カミソリ、除毛クリーム、毛抜き、脱毛器などなんでも良いですがムダ毛をカットや脱毛した後に抑毛剤を塗るのが良いそうです。

理由としては処理した後、肌はダメージを受けていたり、角質が剥がれていたり敏感になっています。抑毛剤は保湿、美容成分も配合されているのでムダ毛処理した後の肌のスキンケアの役割になるからだそうです。

あと処理した後の方が抑毛剤を塗りやすい、伸びが良くなるコストパフォーマンスに繋がる部分もあります。

最高のベストタイミングとしては入浴前にムダ毛処理。

入浴後に抑毛剤を気になる部分に使うことです。
入浴後は毛穴の汚れがスッキリしており体が温かい内は毛穴も開いています。抑毛剤の浸透性が一番高いタイミングなので入浴後に調整して抑毛剤を使うようにすると実感が早くなるかもしれません。

量よりも回数が大事

抑毛剤は即効性のあるコスメではありません。

また量を多く塗ったからといって効果が早まるわけでもないそうです。

販売メーカーさんでは量よりも抑毛剤を使う回数が実感を早めたり効果を高めるコツと言っていました。

1回で多くの量を使うのではなく伸びが良ければ少量でも良いので抑毛剤を毎日塗ることが最大の効果に繋がります。

事実、口コミでメーカーさんに同じことを言われて人がいて、量よりも回数といった意識を変えたらムダ毛が細く、柔らかくなってきた!といった口コミが複数ありました。

1週間、2週間の使用で判断するのではなく1ヶ月〜3ヶ月の利用で抑毛剤の効果を判断することを意識して使うようにしましょう。

トップへ戻る

コンテンツ