抑毛剤

抑毛剤と除毛クリームの違い

抑毛剤について除毛クリームとの違いをよく聞かれることが多いのでここで解決していきたいと思います。

抑毛と除毛についてはムダ毛処理をするシステムに大きな違いがあるので理解をしていきましょう。

除毛とは

除毛は主にクリームタイプで販売されているケースが多いです。クリームをムダ毛が気になる部分に塗り数分間、放置してから拭き取ります。

これでムダ毛がキレイに取れてツルスベ肌に仕上げるといったものが除毛クリームになります。

ムダ毛を抜く、切るといったものではなく溶かすといった表現が正しいです。除毛クリームには毛のタンパク質を溶かす化学物質が配合されており塗って時間経過することでムダ毛が柔らかく溶けやすくなります。

カミソリ剃毛と同じようにスピーディーな脱毛向きで15分あれば気になるムダ毛を除去することができます。

処理能力は早いですが肌表面のムダ毛しか取り除くことができないので1週間〜2週間すれば再びムダ毛が伸びてチクチクしたり、お手入れが必要になってきます。

またタンパク質を溶かす成分を配合しているので当然、肌にも多少の影響があると言われています。肌の角質にダメージを与えたりムダ毛がキレイに処理できなくて埋没毛になるといったトラブルもあります。

顔、ワキ、デリケートゾーンなど皮膚が薄い、敏感、弱い部分の使用も推奨されていません。

抑毛とは

変わって抑毛はムダ毛を脱毛、切る、溶かすのではなく有効成分の大豆イソフラボンが毛の成長に影響する毛乳頭、毛母細胞の働きを抑制します。

抑毛剤を塗ってもすぐに見た目の変化はありませんが、新しく生えてくるムダ毛の成長を抑制するので一度古い毛が抜けて効果が出始めると新しい毛は細く、柔らかくなるといった特徴があります。

即効性はまるでないので効果実感を得るまでの期間が非常に長いことがデメリット。そして使用をやめると再び毛の成長をもとに戻ります。

除毛クリームと比べると刺激性は雲泥の差でもあり除毛クリームでは使用できない顔、ワキ、デリケートゾーンの使用もできるのが抑毛剤です。

抑毛剤と除毛クリームどっちがいいの?

極論を言ってしまうとどちらも一長一短があるので両方の使用が一番最適です。

目に見えて目立つムダ毛は除毛クリームで処理しながら次の処理を簡単、手軽、回数を減らす目的で抑毛剤を使うのがベストです。

毛の成長が遅くなれば毎月のお手入れ回数も減りますし、除毛クリームを使う頻度も減って肌への負担を軽減することができます。

コスト面になると除毛クリームが2000円〜3000円程度です。

抑毛剤は2000円〜5000円程度になります。

毎月、4000円〜8000円程度、ムダ毛処理の費用として出費できるのであれば最高の組み合わせでしょう。

ただし剛毛体質の方は除毛クリームでは取り残しが出てきたり抑毛剤の効果がでる期間も長くなるので我慢が必要となります。

剛毛体質の方は除毛よりも脱毛器を利用したり、脱毛エステに通って処理した方がキレイに仕上がります。コストとの兼ね合いをみて判断するようにしましょう。

トップへ戻る

コンテンツ